外壁・内装塗装

外壁・内装塗装には見た目をキレイにするだけでなく、建物の防水性を高め寿命を延ばす効果も期待できます。

■こんな症状が出ていたら

お家の外壁に次のような症状が出ていたら、塗り替えをご検討ください。

・チョーキング、コケ、カビ

劣化の初期症状で、紫外線などにより塗料に含まれる顔料が分離し「表面をなでると手に塗装粉が付着する」といったチョーキング現象が発生します。チョーキング現象を放置するとコケやカビが生えてしまうことも。塗装の劣化を進行させないためにも、塗り替えをオススメします。

・ひび割れ

塗装の膜が徐々に削られ薄くなっていくと、ひびが入りやすくなります。症状は髪の毛ほどの薄いものから、構造クラックなどの大きなものまで様々。どのひびも建物の雨漏りを引き起こす要因に繋がるため、ひび割れが目立つようになったら早めのメンテナンスが必要です。

・塗装の剥離

塗装の剥離が発生した場合、塗装の効果がすでに切れて建物の防水性が無くなってしまっている状態です。何も対策せず放置してしまうと、建物に重大な劣化を引き起こしてしまったり、無駄なメンテナンス費用がかかってしまったりする可能性が高くなります。
大切なお家を守るためにも、できるだけ早めに補修しましょう。

■丁寧な施工でお家をケア

・左官、外構工事

外壁にひび割れなどが発生している場合、施工箇所に合わせた材料でくぼみを埋めていきます。

・外壁塗装

まずは高圧洗浄機にて水洗いをして、シーリングの打ち替えを行います。
それから養生、下塗り、中塗り、上塗りと工程を重ねていきます。